【アクティ】リアゲートを電動ドアロック化

アクティのリアゲートは、鍵が無いとアンロック・ロックできないので不便だ。そこで、リアゲートにドアアクチュエーターを付けて、運転席から操作できるようにしたいと思った。
写真は、内装を剥がしたリアゲートです。

アクチュエータ

このようなアクチュエータを先輩から貰ったので取り付けることにした。

アクチュエータの取り付けと配線

アクチュエータを取り付けた

見難いが、アクチュエータを取り付けた写真
鍵のロッドとアクチュエータの接続は、どこの御家庭にもある針金ハンガーと針金とタイラップを使った。案外、こんな適当な設置でも動かすことができるw

アクチュエータの配線
何となくわかりにくいが、下から見上げている写真である

車体とリアゲートの間の配線は、既存のハーネスのチューブに通した。
そこからアクチュエータまでは、リアゲート内を通したかったが、難しかったので外を通した。ゲートを開けると見えてしまうが妥協するw

配線にはそこそこ電流が流れるが、短時間だけなのでこれで良しとした。

配線は天井付近を通す。

配線を運転席まで取り回す

配線は、下図の黄色い線のようにした。

配線の取り回しを黄色線で示す
ケーブルを見えないように隠す

屋根ボロボロ 何積んでたんだ??

Aピラーの上の内張りを外すと穴が見えるので、ピラーの中に配線を通すことができる。

Aピラー上部の内張りを外すと穴がある

やっと運転席まで配線を持ってくることができた。長い道のりだった。

ひと通り終われば、テスターでチェックする。
①車体アース – ケーブル間の抵抗(2本とも)
電線が潰れて車体とショートしていないか。正常ならばオープンを示す。
②ケーブル2本間の抵抗
アクチュエータと繋がっているか。正常ならモータの抵抗(数Ω)を示す。

↑重要、車両火災に気をつけよう

車体との絶縁の確認を忘れずに

コントローラーの製作

アクチュエータを動かすには、中点OFF跳ね返りのトグルスイッチとかで十分なのだが、面白くないので、コントローラーを作ることにした。

スイッチには1接点の波動スイッチを使うことにする。スイッチを操作した瞬間だけ、アクチュエータに電流が流れる。

ドアロックアクチュエータのコントローラーの概念回路図

実際にはMOSFETのフルブリッジ回路ではなく、適当なモータドライバIC M54544Lを使った。

IC 4584Nはシュミットトリガ付きNOTなので、TC4069でも良い。

回路図

プリント基板を作った。

プリント基板
プリント基板を作った

モータの通電時間は1秒未満なので、モータドライバICのヒートシンクはこれで十分なのである。▼

回路基板

ケースの加工をしていく。

ケースにスイッチの穴を開ける
ケースに配線が通る穴を開ける

動作を確認するためにLEDを付けるが、アクリル棒を用いて導光させることにした。

Φ3mmのアクリル棒を切って曲げる
基板をケースに組み込む
ケースにスイッチとアクリル棒を取り付ける

遂に完成。

ドアロックアクチュエータのコントローラー完成

スイッチを切り替えた瞬間のみ、動作する。

スイッチをおした時、一瞬通電する

車両に取り付けて動作確認して、終了。

車両に取り付ける

まとめ

運転席からリアゲートのロック・アンロックを操作できるようになったので、便利になった。
純正オプションでもあるはず。

作業日:2014年4月


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です