ウォークマンのオートリバース修理

この前ベルト交換したウォークマンが壊れてしまいました。
テープの終わりでもないのに、オートリバースを無限に繰り返してしまいます。
メカ見てみたいし、直します。

修理

WALKMAN WM-503分解、基板を取り外す

裏蓋をあけて基板を取りました。前回のベルト交換の時は、基板を外さなかったので、
初めて基板の下を見ます。なんだかややこしい光景が広がってます…

どうもこの黄色い部品が原因のようです。亀裂が入ってます。

部品にクラックを発見

この部品が外れていました。さっきの黄色い部品に亀裂が入り、取れたようです。

外れていた部品

外れていた部品を瞬間接着剤で取り付けました。この時、横のコイルが邪魔だったので外しています。これでオートリバースが直りました。

瞬間接着剤で部品を取り付ける

この部品はソレノイドの力を受けて、オートリバース用のギアを制御しているようです。
電磁石ON → ギアのロック解除 → ギア半周回転 → ギアロック という流れです。

オートリバース用ソレノイド

基板を戻します。基板には「WM-501」とプリントされています。WM-503の中身はWM-501と同じです。

基板を戻す
ハイテク~

 作業日:2010年頃


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です