中国ラジオ買ってみた② PL-310ET

この前はCS-106という安価なラジオを購入しましたが、面白かったので別のラジオを買いました。

今度はTECSUNのPL-310ETというラジオである。

PL-310ET

ポーチとかイヤホンがついてる

Amazonで、4,600円程度で購入した。前回のラジオが1,800円だったので、高価に感じる。

これを選んだ主な理由は、

  1. チューニング用のダイヤルが付いている
  2. テンキーがついている(!)

受信感度はわりかし良くて、十分なレベル。日本語マニュアルも付いてきた。ETMという一時的なオートプリセット機能がついていたりする。また、AMと短波はフィルタの帯域を変えることができるという、DSPならではの機能がついていたりする。そして、目論見通り、チューニングダイヤルとテンキーが便利。
残念ポイントは単三電池を3本使うところ。

 トラブル発生

結構気に入って使っていたのだが、ある日、アンテナを仕舞おうとしたら折ってしまいました。ショック!!

無残に折れたアンテナ

交換用のアンテナを探したが、適合するものがなかなか見つからない。

TECSUN PL-660用のアンテナが売っていたので、つけて見たが長さが違った。

PL-310ETのアンテナは、54cm、7段である。

いろんなアンテナを探した結果、TECSUN PL-380のアンテナを交換している人を発見。親切にアンテナの購入先を掲示されている。 → TECSUN PL380のアンテナ交換 ( その他趣味 )

PL-380とPL-310ETの筐体サイズを確認すると、ほぼ同じ。アンテナの長さも同じと予想し、電子パーツ通販のKURAで下記アンテナを購入した。
「商品コード: 117040001
商品名: ロッドアンテナ 54センチ 7段  」

早速取り付けるとピッタリだった。
ベースの部分は合わないので、元のアンテナのベースを使った。

私のようにPL-310ETのアンテナを折った人が他にもいると思うので、参考になれば幸いです。PL-380も同じ長さらしい。


“中国ラジオ買ってみた② PL-310ET” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です