便利なLEDライトの製作

白色LEDとリチウムポリマーバッテリーが手元に有って、百均に良い感じのカードケースが売ってたので、実用的なLEDライトを作ってみた。

LED基板を作る

まず、LEDを沢山並べるための基板を作る。基板の色は黒と白で迷ったが、白色にした。というかラッカーで塗装した。白色だと反射して明るいかなと思った。

ユニバーサル基板を白く塗る

そしてその基板をケースサイズに切断し、LEDを載せた。LEDは8×6=48個載せることにした。LEDを8個直列にした回路を6個並列にしている。

LEDを実装した基板

こんな回路だったと思う。Shunt端子は、後で作る定電流回路のための電流検出用である。抵抗の値、忘れた。たぶん47Ωだったような??22だったかも。10やったっけ?

電源はリポ電池の3.7Vなので、定電流回路は昇圧チョッパにする。

LED基板の回路図

制御基板を作る

次に、リチウムポリマー電池の充電回路とLEDの昇圧定電流回路を作る。下の写真は完成した時のもの。

定電流回路&充電回路

定電流回路はMC34063を使った。百均のシガーソケットUSB電源とかによく入っているICだ。電流をフィードバックさせる。リポ電池の充電制御には、AD7524JRというICを使った。充電の電源にはMicroUSBを使うことにした。

ケース組み込み&完成

ケースには百均で売ってたカードケースを用いた。乳白なので、LEDの光が良い感じに拡散すると思う。ケースにスイッチのボタンとUSB端子の穴を開ける。

ケースの加工と組み込み

そしてめでたく完成! 定電流回路は、結構いっぱいいっぱいで定格電流を流し切れなかったが明るいので成功ということにしたww

LEDライト 完成

マグネットを裏と側面に貼ってみた。ケースがPPなので、PP用プライマーと瞬間接着剤を使った。なお落下すると中身がダバァする。

磁石を貼った

クルマで作業するときとか、カナリ役に立った。電池の持ちはあまり良くなくて、2時間くらいが限度っぽい。しかし充電できるので◎

使用中の絵

便利に使用していたが、某氏の家に忘れてきてしまったwww

(2016年12月)

製作期間:2016年1月頃?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です