大型免許取得記~中型取得編~No.3 シミュレーター

10/1 火曜日

今日は18時からシミュレーター教習だった。
会社から直接教習所に行ってみた。渋滞は無くて思いの外早く着いた。
教習所のロビーには高校生が沢山居た。学科があるらしい。

シミュレーターでは、乾いた路面や濡れた路面、未舗装路、積載量の違いで急制動体験や、高速でカーブに突っ込む奴をする。受講者は自分のほかに1人居て、交代交代でシミュレーターに乗った。
今日の教官は、穏やかそうなオッチャン。
急制動では空走距離(m)や踏量(%)が表示される。ブレーキペダルを破壊する勢いで踏んだけど、踏量94%止まりだった。教官に聞いたら100%を出す人も居るらしい。どんな力で踏んだら出せるんだろ?もう1人の方も94%止まりだった。

教官が場面々々で解説してくれるが、印象に残ってるのは
・荷物は均等に載せたほうが制動距離が短くて安全
・急制動したら荷物が終わるね(意訳)
ちなみに機械は三菱のDS6000だった。CRTが3画面の奴だ。昔普通免許を取った時もこの機械でシミュレーターした気がする。とりあえず難易度が高い。

次の教習は1週間後だ。課題は後退と隘路かな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です