大型免許取得記~大型取得編~No.1,No.2

大型教習の第一回目と第二回です。まとめて書きます。
中型の入校の際に中型・大型セットのプランにしたので、中型免許交付後に教習所へ戻って、スケジュールを組む形です。

11月18日 第一回目

定時ダッシュキメて後教習所に行きました。

内容:

  1. 場内グルグル
  2. 坂道発進
  3. 踏切
  4. 路端停止
  5. S字

中型自動車の教習と同じ内容。
中型より幅が若干広くて、長さも長い。油断すると車線からはみ出す。
課題は特に問題なく出来たのでOK。
教習車のアクセルペダルの動きが渋くて若干慣れない。

11月21日 第二回

この日も定時で仕事終えて教習所に行きました。

内容:

  1. 一回目のおさらい
  2. 隘路

隘路は苦戦した。車体が長い分、後輪の感覚がいまいち掴めていないと思う。

教習車のアクセルペダルの動きが渋くて若干慣れない問題、排気量がデカいディーゼルなのでレスポンスが悪く、適当に踏んでも問題ないことに気づいた。

高校生が増えてきて普通車の教習車が沢山コースを走るようになってきた。
建屋内のロビーも高校生で溢れかえっているwwしかもまだまだ増えるらしい。ピークは2月頃。高校3年生は2月から授業無いしねえ。
思えば自分が京都で普通免許を取った時は、高校3年の1月初旬から通い始めて(校則では免許”取得”は禁止だったけど入校禁止とは書いてなかった)3月に取得した覚えがあるが、ここまで混んでなかった気がする。何が違うのだろうか?。

クルマを初めて運転する教習生にとって、同じコースを走る「大型車」は威圧的に感じるだろうな、と思う。こっちは目線が高いので普通車のドライバーがよく見えるのでなおさら。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です